社長のつぶやき

研修会&お伊勢参り
随分と怠けてしまいました。
イヤイヤ、1年ぶり以上に更新です。

21014年10月19日(日)20日(月)の2日間、生命エネルギー研究会の研修会を
三重県鳥羽市で行いました。場所は、鳥羽XIVアネックス。
参加者は、酒井先生を含めて20名の会員さん。
今回は、LWA(波動・生命エネルギー測定器)の練習よりは講演中心。
1時30スタートで、一番バッターが、鳥羽水族館館長の「中村幸昭氏」。
(社団法人「地球と水と命」の顧問です
 またなんでも117法人や機関の顧問もされているとか)

御年86歳、小柄で気さくな方です。
約1時間半くらい・・・の予定でしたが・・・
立て板に水のごとく楽しく、おかしくあるいは緊張感を持って
話をされるのです。それはそれはもう驚き・・・の一言。
何がすごかったのかというと、館長の記憶力・・・
歴史の年代から経済の数字まで・・・よくまあこれだけ覚えているものだ・・・と。
参加者全員唖然!
86歳でもこれだけ記憶することができるなんて・・・
館長を見ていたら、86歳まで元気に働けるじゃないか・・・
って元気と勇気と自信をいただきました。

師匠、酒井先生の話は後日として
翌日は全員で伊勢神宮参り・・・
ガイドは恐れ多くも、中村館長です。
ホテルから神宮までの間神宮の歴史や鳥羽市の説明。
外宮でもそれからあと内宮でもずっと歴史や
神宮のことを話してくれました。

お神楽も見せていただき
関係者以外は禁止と言われる「秘密の部屋」まで
見せていただき、誠に恐れ多いことでした。
また、ここから先は天皇陛下だけってところで
代表して参拝させていただきましたが
すっごく緊張しました。

で、1時頃に解散。
今回もまた楽しい研修会でした。

伊勢神宮でいただいた御札などは
あまりに立派すぎて飾る場所がありません。
どないしょう・・・



 
| seimei-energy | 研究会 | 10:44 |
映画「祈り」と白鳥哲監督の講演
  

  2012年12月1日2日と東京・晴海グランドホテルで生命エネルギー研究会の第13回合宿研修会を行いました。
師走というのに泊りがけなんて・・・と昔なら言うところですが、今は未来に向けて自分と自分の店に投資をする時間と思っています。
まあ、自慢ではありませんが研究会で教えていただくことを、確実に自分自身のモノにすることができれば、
間違いなく今までの相談薬局とは一線を画した、次世代の相談薬局が構築できると確信をしています。
よく差別化・・・などと話すメーカーさんがいますが、商品では差別化なんてできません。僕たちがやっていること、
向かおうとしている方向については、差別化なんて思わなくてもほかのお店では真似ができないことだと思っています。

 2013年。新しい時代はここからがスタート!「モノ」の時代から「想い」の時代へ。
僕たちがやっていることは全く新しいことですから、今まで三十数年学んできた知識(漢方や西洋医学など)は
基礎として頭にあっても、そのほとんどが役に立ちません。むしろ持っている知識が思い込みや・・・ねばならない・・・
といった足かせにすらなることがあるのです。
新しいことをはじめたのですから、新しい知識を勉強しなくてはなりません。
幸い、それについては多くの書籍やセミナーがあるので戸惑うことはないのです。

 さて、12月1日(土)。皆が待ちに待った映画「祈り」の自主上映をおこないました。
僕はこれで2度目です。最初は今年の9月23日。大阪の十三(ジュウソウ)というところの小さな映画館・・・
1日1回の上映で定員約30名(半分が研究会のメンバーでした)
U〜〜〜N!ヨカッタ・・・感想をと言われてもちょっと困るのです。
この映画の内容ははそれぞれの見方によって変わるのでは・・・確信したのは、僕たちが取り組んでいる「生命エネルギーの方向」は間違っていないということです。
 簡単に言えばこの映画は、今まで非科学と言われたことが実は科学的に証明できる・・・というような内容なのです。
まあ、主役といいますかメインといいますか、主として登場するのは筑波大学名誉教授の村上和雄先生。
先生が多くのことを検証し、世界にある4万件もの「祈りの論文」をもとにつくられた、白鳥哲監督の90分の映画。
信じようが信じまいが間違いなく、次の時代への道筋の映画だと思います。

 さて、晴海グランドホテルでの上映は、研究会会員そしてメーカーさんなど含めてやく40名。
映画の中身は同じですが、十三で見たときと大きな違いは、全員がこの映画の内容を信じている人たちばかりであり、
この映画を見たくて集まったかたばかりということです。すご〜〜く雰囲気はよく、大変イコゴチの良い「場」ができました。
映画の終了後、休憩を挟んで白鳥哲監督の講演約1時間・・・これもまた文章で表現するのはむつかしい・・・やっぱり直接生で聞かないと。
監督の想いも未来に向けて私たちが進もうとしている方向を後押ししてくれるような内容だったのです。
これで、2013年以降僕たち生命エネルギー研究会の先生方が迷うことなく明確な目標とビジョンを持って
地域で信頼され愛される薬局・薬店となるのは確実かな・・・と思っています。

 僕は、自分の人生、残された時間は生命エネルギーに賭けると思って仕事をしていますので今は面白くてしょうがない。
良いことばかりではなかったけれど、それは今のために与えられた宿題だったんだ・・・と思っています。

僕たちの研究会は、お店や人生を自分自身でなんとかしたい・・・楽しく仲間と過ごしたいと「志」を持った人でなければ無理なのです。
20世紀にあったように、そして今でもそうであるように、卸様やメーカー様が手伝ってくれる・・・訪問して測定会などをしてくれる・・・
それが当たり前だと考えている人にはとても無理です。
過去も現代も未来も、なにかひとつのことが永遠に続くなんていうことはありません。
今は1年先3年先にその会社が存続しているなんて保証もありませんし、トップが変われば方針は変わるのです。

「祈り」という映画は私たちがこれからの時代歩むべき道を示してくれた映画だと思っています。
まだご覧になっていない方はぜひご覧になってください。
そして、興味があれば、白鳥哲監督の著書、「世界は祈りでひとつになる」を読んでみてください。30%の方は納得してくれると思うのですがね。


| seimei-energy | 研究会 | 12:00 |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES